• アトピー シャンプー

湯シャンで洗髪で頭皮が改善!?アトピーはそんなに甘くない。

頭皮アトピーは湯シャンで治るとかいう情報、実践するのはちょっと待った! 良いと言われることが、アトピーの場合良くないということがとても多いです。 お湯だけのシャワーでシャンプーを使わない「湯シャン」も、その1つです。

湯シャンの良いところは、シャンプーの毒素の影響を与えないこと。 シャンプーの成分表示には、そのシャンプーが無添加でも石油系の化学成分や頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある成分が含まれていることが多いです。

確かに頭皮に良くない成分を避けて、洗剤である洗浄成分がなければ頭皮の状態が良くなりそうな気もしますよね。 でも、これはアトピー特有の皮膚の状態には当てはまりません!

湯シャンのココがデメリット!シャンプーで頭皮アトピー対策

洗いすぎで皮膚バリア機能が低下する!?

頭皮アトピーでシャンプーを使うと、洗いすぎにより皮膚の剥離や必要な皮脂を落としてしまい、皮膚バリア機能が低下してしまいます。 ただ、それは1日にシャンプーを2回する人や、使っているシャンプーが合成界面活性剤(多くは硫酸の文字が入っている)の場合です。

合成界面活性剤は洗浄力が強く、泡立ちもいいので少ない水でも泡立ちが良く洗った気持ちになれます。 でも、必要な皮脂は過剰に奪われてしまい、頭皮の乾燥や皮膚バリア機能の低下により感染症になる可能性もあります。

この合成界面活性剤を使っている場合は、確かに洗浄成分が強すぎるし、この手のシャンプーの成分には他にも悪影響を及ぼす成分が多く入っています。 例えば、合成ポリマー(シリコン)、パラベン、安息香酸Na、香料(合成香料)、着色料(赤・青・黄に番号)、フェノキシエタノールといったものです。 オーガニックや無添加といったシャンプーにも、しっかり入っていることがあります。

悪影響を及ぼす成分を遮断すれば、それだけでも充分頭皮が良くなるのは当たり前のことです。 ここは頭皮がシャンプーのせいで悪化してしまった人とアトピーの人の共通点でもあります。 アトピーではない人だったら、これだけで頭皮の荒れは防げる可能性はあります。 しかし、頭皮アトピーでは問題ありです。

まず、シャワーの塩素が刺激になります。頭皮アトピーの場合は頭皮の皮膚が薄く、刺激にとっても敏感です。 何もしていない状態でも痒いのに、シャワーの塩素と水圧の刺激が加わるので傷口がしみる・頭皮が痒くなるということになります。 痒くなれば掻いてしまうし、掻けば傷になって感染症を起こす可能性があります。

お湯だけで汚れが落ちるの?

お湯だけの場合、水で洗うだけですが汚れの多くは落ちます。 しかし、スタイリング剤も使うし、皮脂汚れもあります。 油の成分を水で全部綺麗に洗うのは困難で、汚れは残ります。 だから、油汚れを落とすために髪をシャンプーで洗うわけなので、お湯だけでは逆に指の摩擦も増えるし、水の刺激を与える時間もかなり長くなります。

ただ、洗浄成分は石油系合成界面活性剤・石鹸・アミノ酸系とあり、合成界面活性剤のシャンプーを選んでしまうと皮膚バリアは低下していきます。 アミノ酸系のシャンプーならば、頭皮へのダメージを最小限にすることができるので、選ぶならアミノ酸系がベストです!

3つ目は、お湯だけで洗うメリットが無いところです。 湯シャンの大きなメリットは3つ、それが全部頭皮アトピーだと難しいところがあります。

【正常なターンオーバー】

湯シャンだとシャンプーの洗浄成分で頭皮を傷つけないから、正常なターンオーバーを促して頭皮の荒れを正常化するというのがあります。 しかし、よく考えてみてください。お湯だけで洗って、痒みは治まりますか?頭皮をボリボリ掻きませんか?

それに、アトピーだと生まれつき皮膚の角質層が薄いので、水分を保有できずに蒸発して乾燥します。皮脂の分泌も元々少ないのです。 シャンプー使わないから元に戻るという意味なのでしょう。 でも頭皮アトピーになっている場合は、元々が正常なターンオーバーでなく、若い皮膚が剥離してしまっているので、乾燥した状態に戻ります。 乾燥すれば痒いし、皮脂も少ないから感染症も起こします。

【ベタつきや臭い】

皮脂の過剰分泌でベたつきや臭いが出るという考え方ですが、実際は違いますよね。 ベタつくときは、ジュクジュクしたリンパ液の出ている頭皮のときであって皮脂ではありません。 頭皮に軟膏やローションを塗って治療している方が多いからこそ、やさしくシャンプーで洗って古い角質と新しい角質が混在している頭皮を正常化するのがベストです。

臭いの原因も過酸化脂質が多く、臭いが薬の可能性もあります。 皮脂の過剰分泌での臭いではなく、過酸化脂質の臭いですね。 過剰分泌どころか、必要な皮脂さえ無い状態ですので、過剰に出て臭う人は頭皮アトピーではなく脂漏性湿疹ではないでしょうか?

【細菌やカビの侵入を防ぐ】

黄色ブドウ球菌やカビ菌など、皮膚バリア機能が低下していたり頭皮に傷がある場合は感染症になりやすいです。 お湯だけで洗うことで常在菌のバランスが整うというわけですが、頭皮アトピーの場合は整えるのが難しいです。

まず、頭皮にステロイド軟膏やローションを使っていると、細菌やウィルスなどの抵抗力を低下させる副作用があります。 また頭皮の角質層は薄く、ハリや水分量も少ないので皮膚バリア機能は低下している状態になります。 湯シャンだけでステロイド副作用の問題と、生まれ持った皮脂の分泌が少ない・皮膚が薄いことを正常化して皮膚バリア機能が回復することが可能でしょうか?

お湯だけでシャンプーを使わずに、頭皮アトピーの悩みを解消できる人は、「ただの頭皮の荒れ」「ステロイド性皮膚炎」という頭皮アトピーでは可能性もあります。 合成界面活性剤が強すぎる洗浄成分(成分の上の方に硫酸の文字)で、それ以外の配合成分も皮膚に影響が出る可能性が高いから異常になるわけなので、そういったものを選ばないのが先決です。

湯シャンを実際にやってみて、頭皮の状態と臭いがとても酷くなり、抜け毛が増えてくると頭皮アトピーでは不向きということがよくわかりますよ。

頭皮への悪影響が少ない自然由来成分のシャンプーランキング

人気シャンプー

価格・容量

シャンプーの特徴

1位オアシス・澡
オーセル
オアシス
4,600円
400ml

2,800円
280ml
5,000円以上で送料無料
ノンシリコン
アミノ酸
保湿
無添加
消炎
ダメージ修復

自然由来成分100%!オーセルのシャンプーの成分は全部自然由来。フェノキシエタノールも入っていません。 シャンプーの大部分を占める水も竹のミネラル水を使っていて、刺激を低減して痒みを鎮める消炎作用成分がたっぷり。 だからシャンプー中も、洗髪が終わった後も痒くならないし、しみることもありません! オアシスは保湿が優れナノ化コラーゲン配合、澡は消炎や殺菌に優れ月桃が特徴のシャンプーです!

2位ハーブガーデン
ハーブガーデン
4,000円
300ml
モニター価格2,000円
ノンシリコン
アミノ酸
保湿
無添加
消炎
抜け毛

自然由来成分99.9%!シャンプーの大部分を占める水を阿蘇産無農薬ハーブを抽出したオーガニックハーブウォーターを使っています! もちろん洗浄成分はアミノ酸系。使用されているハーブは国産の無農薬有機栽培だから安心です。 ヒアルロン酸やユズセラミドなどの保湿成分や、スカルプケアを考えた植物エキスも豊富。 フルボ酸のキレート効果にも注目のシャンプーです!

3位うるおって
うるおって
2,400円
260ml
送料無料
ノンシリコン
アミノ酸
保湿
無添加
消炎
抜け毛

自然由来成分99.9%!エイジングケアシャンプーとしても人気のうるおって。 生薬とホホバオイルが特徴のシャンプーで、ホホバオイルはワックスエステルの保湿力だけでなく殺菌や保護作用も兼ね備えてます。 赤ちゃんや子供も安心して使えて、泡立ちもいいから使いやすい! 女性だけでなく、男性やお子様、赤ちゃんにも使えるところも人気の秘密です!

湯シャンよりも毒素無しシャンプーがオススメ!

オーセルのシャンプー成分は植物由来成分100%。だから湯シャンのメリットで指摘されているシャンプーの毒素になる成分がありません! オアシスの上品な香り、澡のハーブの香り、共にリラックス効果があるのでシャンプータイムがストレスからも解放される至福の時間。

特にオアシスのナノ化コラーゲンは、頭皮アトピーで必要な頭皮のハリや保水力を高めて、乾燥を和らげます。 ハーブシャンプー澡は消炎・殺菌成分でジュクジュクした頭皮もしみないで使えるから人気! どちらもマネできない納得の成分がバランスよく配合されているから、頭皮アトピーで湯シャンのメリットを上回る上質なシャンプーです!

もっと詳しい情報はこちら

アトピーでも使えるシャンプーを選ぶのに役立つ情報満載!

オーセルのオアシス天然シャンプーを使ってみました!ナノ化コラーゲン配合で保湿成分もたっぷりなシャンプー。カサカサ頭皮にどうなの?頭皮敏感になっているけど、しみない?


オーセルの天然ハーブシャンプー澡を使ってみました!シャンプーでは珍しい月桃配合で、かゆみを抑えて抜け毛を減らすシャンプーは頭皮アトピーにピッタリ?

このページの先頭へ